前へ
次へ

インターナショナルスクールで発想を磨く

自分たちが日本独自の教育の中で過ごしてきたことでメリットも多くありますが、インターナショナルスクールでも多くのメリットを感じることがあります。まず価値観を広げることができるのは大きなことで、子供のころというのは自分の価値観がまだ身についていない、親の考え方がそのまま伝わることも多いです。しかし、インターナショナルスクールでは一緒にいるお友達が外国人の子供ですから、文化的なことから挨拶まで考え方の違いがわかってきます。厳密にいえばわかるというよりも感じることができるので、周りの子供たちはこういった考え方なのだから、自分も同じように自由な発想をしようという脳の働きが期待できます。もちろん必要に応じて協調性がいりますが、まずは入り口としてインターナショナルな感覚を身につけていき、子供の成長にステップアップできればいいです。その他にも伝える力がつくことも顕著なので、人にどうやって伝えたらいいのかを真剣に考えて身につくことができます。

Page Top